あきの公造フォト・ストーリー

あきの公造 フォトストーリー(1)

生い立ち

(1)あきの公造は、1967年(昭和42年)7月11日、兵庫県神戸市須磨区で、秋野家の長男として生まれました。

(2)幼い頃は喘息持ちで、アトピーに苦しみました。そのため、人見知りが激しく、内気な少年でした。母・明子(トシコ)は幼い頃、兄を長崎の原爆で亡くし、満州からの引き上げも経験しました。その時には、幼い妹二人を栄養失調で亡くしました。

(3)戦争で兄妹を亡くしたという母の苦しみは、公造の心の中に、戦争への怒り、そして平和に対する熱い炎となって、強く受け継がれました。

ページトップへ

長崎大学から島原へ

(4)喘息・アトピーで苦しんだ経験は、自分と同じ悩みを持つ人の役に立ちたいとの思いへと繋がり、あきのは医師を志し、長崎大学医学部へと進学しました。

(5)大学院1年の時には、日本を代表する内分泌の権威であり、またチェルノブイリ原発事故の支援第一人者として世界的にも活躍している山下俊一教授の下で、最先端の医学の研究に励みました。そして1年後には、長崎県島原の個人病院へ内科医として勤務するようになりました。それは「地域医療の最前線で苦労を重ねるように」との、山下教授の親心からでした。

(6)大学研究を続けながら、その上さらに、臨床医師として、頑張るという、二足のわらじを履く生活。内科、外科、救急と、患者の必要に応じて、何でもやらなくてはならない、まさに八面六臂の息つく暇のない生活でした。このころ社団法人日本内分泌学会・若手研究奨励賞(平成14年6月)、ヨーロッパ組織再建学会・若手研究奨励賞(平成17年10月)を受賞しました。

【中央】社団法人日本内分泌学会・若手研究奨励賞(平成14年6月)
 「下垂体PTTG遺伝子の肝再生時における新機能の発見」

【右】ヨーロッパ組織再建学会・若手研究奨励賞(平成17年10月)
 「間葉系幹細胞におけるShcファミリーシグナル伝達分子の役割の研究」

→あきの公造フォト・ストーリー(2)へ
ページトップへ
Copyright © KOZO AKINO All Rights Reserved.